ムシ歯について

やはり最大の注意点

そのメカニズムを理解しよう

歯科治療の中で一番多い疾患はムシ歯でしょう。原因はミュータンス菌などの細菌です。この細菌はお砂糖を栄養にして酸を作ります。ムシ歯とは、この酸で歯が溶けて徐々にぼろぼろと崩壊していくことです。お口の中にミュータンス菌がなければ、ムシ歯にはなりません。逆に、極端な話ですが、ミュータンス菌があっても、お砂糖をまったく食べなければ、まずムシ歯にはなりません。では、ムシ歯とその治療はどのようなものでしょうか。

初期のムシ歯 この時点では自覚症状はほとんどありませんから、検診によって発見されることがほとんどです。この段階で処置すれば、治療の回数も痛みなどの不快感もごく少なくてすみます。場合によってはその後の管理しだいで進行を抑え、再石灰化(いったんもろくなった歯質が、再び固まること)を促すことにより歯を削らなくて済むことも少なくありません。
浅いムシ歯 次の段階になると歯に穴が開く、冷たいものや甘いものにしみる、うずく、といった明らかな症状が出てきます。こうなると治療はムシ歯の部分をきちんと取り去り、穴をつめなければなりません。この処置は痛みますから、麻酔注射をすることもあるので、子供さんにとっては精神的にも大きな負担になってしまいます。
深いムシ歯 さらに進行するとズキズキと痛みが出て、歯の根元の歯肉がはれることもあります。これは、歯の中心部にある神経(歯髄)が炎症を起こしてしまっている状態です。ここまでくると神経をとって、中をよく洗浄・消毒・充填をしたうえで、つめたり、かぶせたりすることになります。この治療は通院回数も多くなり、処置内容も複雑になるので、とても大変です

以上のムシ歯の進行と治療は、乳歯も永久歯も同じです。ただ、乳歯の方が小さく薄いので、同じ深さのムシ歯でも、そのダメージは乳歯の方が重くなってしまいます。また、乳歯のムシ歯がどんどんひどくなり、永久歯が生える前に抜歯となった場合、単純に歯がなくて噛めないだけでは済みません。乳歯の歯並びが崩れ、それはそのまま永久歯の歯並びに影響します。これを防ぐため、早期に乳歯を失ったときは、歯並びを保つための装置を入れるなど、特殊な治療が必要になってきます。

ピエタテールビル歯科医院
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 3-20-10
(高田馬場駅より徒歩5分)
TEL:03-5272-3424 FAX:03-5272-1307