妊娠中のお母様へ

新しい命のために

胎児のころから歯はできはじめます―妊娠中・出産後の歯科治療と健康管理―

乳歯が生えるのは満1歳くらいからですが、乳歯のタマゴは胎児のころからでき始めます。永久歯のタマゴもちょうど出産前後にでき始めます。母体と胎児は一体です。お母さんの健康状態が赤ちゃんに直接影響します。歯科に限らず妊娠中の健康管理が大切なことは言うまでもありません。よく、赤ちゃんにカルシウムをとられて歯が弱くなると言われますが、厳密には俗説です。

これは、バランスの取れた栄養を取り、お口の管理をしっかりするための戒めと思ってください。確かに、妊娠中に歯や、歯肉のトラブルが起こりやすいことは事実です。つわりで歯ブラシがつらくなり、味覚やホルモンのバランスが変わることで唾液の状態が変化し、ムシ歯や歯肉炎にかかりやすくなる傾向があります。普段以上に食生活や口腔清掃に注意を払いましょう。

妊娠中・出産後のお母さんのむし歯について

それでも、ムシ歯や、歯肉炎などになってしまうこともあるでしょう。妊娠中の歯科治療は胎児への影響を注意しないといけません。よく知られていることですが、X線撮影や、注射、内服薬などは必要最小限にとどめるべきです。ただし、治療しないまま悪い状態で放置してはいけません。放置することにより、食生活が乱れたり、胎児に悪影響が出たり、出産時に痛みだすなどの問題がおきては本末転倒です。歯科医は、治療のリスクと胎児および妊娠・出産へのリスクをよく考慮して方針を決めます。妊娠中、またはその可能性のある方には、X線に対しては十分に防護することにより悪影響を極力防ぎ、痛みの伴う麻酔注射の必要がある治療は、麻酔の影響を受けにくい安定期を選ぶ、または応急処置をしておいて出産後に治療を再開するなど、症状に応じて臨機応変に対応します。ですから、お口の状態に不安や問題を感じたら妊娠中でもまよわず歯科医師に相談してよく説明を受けた上で適切な治療を受けてください。

それでは、赤ちゃんが生まれた後はどうでしょう。歯科の観点からも、人口乳より母乳のほうがいろいろな面で優れていることは言うまでもありません。栄養や免疫といったことは当然ですが、それに加えてお母さんのおっぱいを吸うということは哺乳瓶に比べて力がいるので、あごの成長を促す効果が高いのです。あごの成長が不十分だと歯並びや噛み合わせも悪くなります。哺乳瓶を使うときもなるべくお乳を吸う力を必要とする乳首のほうがいいでしょう。

むし歯がうつる?

ころで、ムシ歯や歯周病の菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。ほかの病気のようにうつるのです。一番身近なお母さんがムシ歯や歯周病ならその危険は高くなります。こういった意味でも必要な歯科治療をきちんと受けましょう。授乳中の歯科治療での注射や薬は、やはり注意が必要ですが、歯科医師とよく相談して、お乳をあらかじめとっておくなどの工夫をすることにより対応できます。

ピエタテールビル歯科医院
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 3-20-10
(高田馬場駅より徒歩5分)
TEL:03-5272-3424 FAX:03-5272-1307