歯並びと噛み合わせ

全身の健康への第一歩

見栄えの良し悪しという問題だけではないのです

美しく整った歯並びはお口元の印象をすっきりさせ、清々しい笑顔を演出します。正しい噛み合わせは、上下のアゴのバランスがとれるので、より効率的な咀嚼(食べ物を噛み砕くこと)を可能にします。歯並びと噛み合わせは密接に関連しあっていますが、厳密に言うと同じ意味ではありません。見かけの歯並びは悪いようでも、噛み合わせは安定していることもありますし、その逆に見かけの歯並びは美しいようでも、アゴの調子が悪いこともあります。

以上のムシ歯の進行と治療は、乳歯も永久歯も同じです。ただ、乳歯の方が小さく薄いので、同じ深さのムシ歯でも、そのダメージは乳歯の方が重くなってしまいます。また、乳歯のムシ歯がどんどんひどくなり、永久歯が生える前に抜歯となった場合、単純に歯がなくて噛めないだけでは済みません。乳歯の歯並びが崩れ、それはそのまま永久歯の歯並びに影響します。これを防ぐため、早期に乳歯を失ったときは、歯並びを保つための装置を入れるなど、特殊な治療が必要になってきます。

ところが、問題はこういった食事や発音だけにとどまらないのです。 歯並びや噛み合わせが悪いと、アゴがずれて関節がひっかかり、痛くて口が開かない、開けるたびにアゴが鳴る、ぎしぎしと歯ぎしりをする。などの、いわゆる顎関節症という症状が出ることがあります。この影響がさらに広がると、頭や首の痛み、全身の姿勢の悪化といった思わぬ障害が出ることもあります。 ただし子供の場合は、それぞれの歯の生える時期や、骨格の成長に幅があるために一過性ということも少なくありません。たとえば、寝ているときに歯ぎしりしたり、永久歯が斜めに生えるなど、歯並びが悪く感じられたりすることがよくあります。ですが、このような不自然さは、やがてすべての永久歯が生えそろい、アゴを含めたお顔の骨格が完成するにしたがって、正常化することも多いのです。

やはりこのあたりの見きわめは歯科医にしてもらわなければならないでしょう。こういった診断も継続的にチェックすることにより正確に判明しますから、かかりつけ医による定期健診が重要です。治療が必要と判断されれば、それぞれの症状にあった時期と装置を選んで、歯列矯正などを行います。矯正治療はムシ歯治療などより高い専門性が必要なことも多く、かかりつけ医が矯正治療を行っていない場合もありまから、その場合は専門医を紹介してもらうとよいでしょう。

ピエタテールビル歯科医院
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 3-20-10
(高田馬場駅より徒歩5分)
TEL:03-5272-3424 FAX:03-5272-1307